株投資と税金とは?

株で利益が出た場合には、当然納税義務が生まれることになります。

それでは一体いくらで、納税義務が生まれるのかというのが気になる人もいるでしょうが、
20万円以上の利益がある場合納税をしなくてはいけません。


納税をするなら確定申告をして納める額をはっきりさせ、
納税する必要があるのですがそこまでする必要があるなら
面倒だなと思ってしまう人も多いですよね。


実際には20万円以上の利益を上げることができる人も限られていますから、
あまり気にしなくても良いともいえるのですが、
やはり利益が出た時に確定申告をしなければならないとなると面倒なものです。


そのような時には源泉徴収ありの特定口座という口座を開設して、
それで取引をすれば自動的に証券会社が利益が出るごとに源泉徴収をして
代わりに納税をしてくれるので手間がかかりません。


ただし、この方法のデメリットとしては利益が出るごとに
その時点で源泉徴収をされてしまうので、
本来であれば確定申告をする必要がなく納税しなくても済む
20万円までの利益でも税金を取られてしまうという欠点があります。

そのため、絶対に利益が20万円を超えないというのであれば特定口座ではなく、
一般口座で取引をして確定申告をしなければいいということになるのですが、
実際には絶対と言い切ることができるものでもありませんから
普通の人は特定口座を開設しておくことが一番安全な方法となります。

それ以外の方法としてNISA口座というものがあり、
120万円までの非課税投資枠があるのでNISAを利用して投資をすれば
利益が出た時に税金のことを心配する必要はありません。

そして、大事なことは納税義務が発生した時には必ずしっかり納税をすることで、
黙っていれば脱税となり後で大変な事になってしまうケースもあるので注意をしましょう。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ