とりあえず、波を売っている時は買わない

長期保有を基本としているので、波がたっているような時は買わないようにしています。
どうせ買ったところで売れることはないからです。

株は売買をしてなんぼだとみなさんおっしゃいますけれど、ほぼほぼ売ることはないので、
高値つかみだけはしないようにって思っているわけです。

プロはやはり景気の良さとかをアピールしてくるので、場が盛り上がっている時、
株の値段が上下に激しく動いている時などは動きません。
あと、春に売って秋に買うというのも少し参考にしています。

必ずしもその通りになるわけではないのですが、やはり秋口は株価が低迷することが多いです。
リクルート上場でわいた10月も、あまり高値にならず時期が悪かったと言う人が多数いましたからね。

とにかく、長期保有の場合は長い目でみて、相場が荒れている時には手を出さないが信条です。
そんな時こそ、雑誌の特集なんかを見て、いつかはこれを買ってやる~と目標を持つようにしています。

我慢も大事だなって思うわけです。
株は忍耐という格言を目にしながら、資金を一気に投入したりしないように気を付けている感じです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ