株と債権なんかにも挑戦【南アフリカランド債権】

南アフリカランド債権

私は南アフリカワールドカップの少し前の時期にとある証券会社の窓口で
世界銀行の発行する南アフリカランド建て債券を購入しました。

当時全くの無知だった私は貯金してあった300万で
国債でも買って銀行で寝かせておくよりはましな配当を得ようと考えておりました。

とにかく話でも聞こうと思い証券会社に行ったんですが
そこで窓口の若い女の子に外国債を勧められました。

利息は年利12パーセント、当時は1ランドにつき14円。

為替のリスクはありますがとても魅力的で設けれそうだと素人の私は思いました。
ですがそこで思いとどまり自分は国債の説明を聞きに来たんだ
という理性はあったのですが、
この外債を勧めてきた証券会社の窓口の若い女の子に対し、

ここで買わなかったらかっこ悪いと思われるのではないか?
ケチで臆病者だと思われるのではないかという思いが頭をよぎりました。

と言うよりいいとこ見せたくてつい買ってしまいました。
20万ランドをその場で280万円現金で支払ってきました。

その後、月々の配当ですから税金を引かれて
毎月1万5千円くらいのお金が振り込まれるようになりました。

別に悪くないかと思っていた矢先、リーマンショックが起こりました。

為替の暴落でひどい時は1ランド6円。

私の資産は120万円までに落ち込みました。
ですが為替は徐々に持ち直し満期の2年たったころには12円になり
高配当であった利息と合わせて結局プラスマイナス0でした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ