株の売買はやっぱりタイミングだな

株主優待が目的で最初の株を購入して、その1年後。もう1社、
ちょっと高めだったけどこれも優待の内容が良かったのもあって、
ちょっと無理して買いました。

実はこれが、株価の安い時に勝ったという、
ビギナーズラックでその後株が値上がりして、どうしましょう状態に。

何故ならあくまで株主優待が目的でしたので、
上がり続ける株を売ってしまったら、
2度と買えないだろうということが解っていたからなんです。
あくまで私の主目的は、株主優待でしたから。

なので出来るだけ株価は見ないようにして1年弱我慢していたのですが。
ちょっとしたトラブルが続き、結構な金額の出費が確定してしまいました、
どこから穴埋めしようと悩んでいて、この株を思い出したのです。

2社目の株は、買った時ももう1社に比べると結構高かったんですが、
その時点での株価を調べたら購入した時の2倍くらいになってました。

まあ勿論、一番上がっていた時はもっと高かったんですが、
それでも臨時出費の穴埋めするには出る儲け分だけでも、
そこそこ埋められる金額でした。

欲張らずに指値を付けましたらすぐに約定、
あっという間に売れたのでほっとしてました、
入ったお金はすぐに移動させて一安心してました。

普通に預金のままにして置いたら、これは出来なかったことだ、
と感謝してましたら。

どうやらまだビギナーズラックの範疇だったらしく、
その後株価がどんどん下がっていくではないですか。

本当に、あの時買っておいて、そしてあの時売っておいてよかった、と
しみじみ思った経験です。
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ