株は思ったより難しいけど、やりがいがある!

私は大学生で2015年から株式投資をはじめました。
きっかけはテレビで株をやっている人が取り上げられていてものすごい稼いでいたからです。

インターネットの動画でもBNF氏やcis氏など
インターネット上で有名な個人投資家が取り上げられているものがあって
普通の人が株式投資を初めて100億、200億と稼いでいるのを見て
自分もこうなりたいと思いました。

パソコンのミニターを見て、キーボードとマウスを動かすだけで何百、
何千万と稼いでいるのを見て、働くのがバカバカしいこんな稼ぎ方があるなんて
簡単じゃないかと思いました。

しかし、いざ株式投資を初めて見るとそんな簡単なものではないことに気が付かされました。

含み損とのつきあいかた、損きりの仕方など技術的なところではなく株式投資、
とくにデイトレードやスイングトレードは精神的につらいものがありました。

損したときはものすごい心が不安になりますし、
含み損を損きりすべきか含み益に回復するのを待つべきかなど
精神的にかなりきつい仕事だと思いました。

自分は投資金額が少ないので損をしたとしても
精神的にものすごいきついということはないのですが、
何億とかを運用している人は何百万とかの含み損をみて
一体どういう精神をしているんだと思ったほどです。

相場は自分の思った、考えたとおりに全然ならず逆の方向に行く時もたくさんあります。
またいろいろな予想を専門家がしていますがそれも外れることが多く、
株は精神的にも技術的にも難しいと思いました。

ただ、自分の投資スタイルを作って、コツコツとやっていけば
誰にでも稼げる平等で開かれた投資方法だとわかりました。

よう、楽して稼ごうとせずに、しっかりとテクニックを身に付ければいいだけなんです。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ