株式投資にはいい加減さも重要!?のんびり構えることでいつか利益が出る

株式投資にはいい加減さも重要!?のんびり構えることでいつか利益が出る

「株ってなんだか危なそう」というのが私の印象でした。
どちらかというと価格が下がっていく印象が強く、できれば手を出したくないもの。
しかし、ひょんなことから株の積み立てを始めることになりました。
最初は時期が悪く株価もどんどん下がっていき、「これだから株は…」という苦々しい気持ちも抱いていました。しかし手元に置いておけば使ってしまうお金だし、どうせ数万円程度なのだから…と積立をやめることはありませんでした。
しばらくして忘れた頃にふと明細を見てみるとびっくり!景気回復とともに株価が買付額の2倍以上になっていたのです。
思わず出たガッツポーズと共に「あのとき売らなくてよかったな」としみじみと思いました。
デイトレーダーなど株の売買を仕事にされている方は別だと思いますが、私のような初心者は焦ることなく長い目で見ることが重要なんだと学んだ瞬間でした。
株が下がるということは、逆に上がるときもやってくるということ。日々の動向に敏感になりすぎずに、ちょっと「いい加減」さを持って長期保有をすることが大事だと思います。
それ以来他の株も買っていますが、上がっているものもあれば下がっているものもあります。しかし今必要なお金ではないので、ゆっくりと保有して自分が納得できるタイミングで売ろうと思っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ