株投資の短期売買をやってみた

株投資の短期売買をやってみた

株式の短期売買に挑戦をしていろいろと学びました。

結論から言うと、ちゃんとスキルを学べばサクッと稼げるということと、
自分を過信して調子に乗らない、ということがあげられます。

 

最初は短時間でも稼げて、それなりにうまくいっていました。
しかし、その後に相場の流れについていけずに大きく損失。

勘違いのビギナーズラックで調子にのって大きく売買したのが原因です。
やはり相場を読んで上がる銘柄をタイミングよく売買しなければいけないと学びました。

短期売買なら1週間で稼ぎをマスターする方法とは?

 

今では基本にそって、自分なりの勝ちパターンを見つけることができて、
冷静に感情をおさえて日々、売買をしています。

負けることもありますが、勝ってそこそこ儲かるので、このままうまく続けていきます。

 

実際に株投資でやった失敗

私がやったのは東証1部上場のJPX株を2ヶ月から3ヶ月の間に売買するという投資です。
短期売買は,市場の状況に投資の成果があまり左右されない
という話を聞いて挑戦してみようと考えました。

結果は散々で,信用取引にも手を出していたため借金こそ背負わずにすみましたが,
投下した300万円のほとんどすべてを失う結果となりました。

最初は,やはり,ビギナーズラックなのか,
日銀の金融緩和の2ヶ月前に投資を始めたおかげで
いきなり50万円の利益を稼ぐことができました。

しかし,ここで調子に乗ってしまったことが,私の失敗の原因だと思います。

日銀の金融緩和によって株価が大きく上昇したのを見て,
私はなんとなくで株価が高くなりすぎていると考えました。

最初,私が投資したときのJPXの株価は2200円ほどで
金融緩和によって3000円にまで一気に値上がりしました。

そこで,私はJPXを買っていたものを全部売ってしまい
さらに3000円台で空売りをしました。

年末にかけて,わたしの予想通りに株価が下がっていきましたが
年明けから少しして株価は上昇に転じました。

私はJPXの株価は高すぎると勝手に考えていたので
上昇した株をさらに空売りして言ったのです。

しかし,最終的にJPXの株価は,ほぼ一本調子で4000円にまで上昇し
怖気づいた私は,空売りしていた株を高値で買い戻しました。

手元にはほとんどお金は残りませんでした。
さらに,悪いことに,私が買い戻した後,すぐに株価は下がり始めました。
もう少し粘っていれば,と後悔しています。

 

やっぱり自己流で過信してはいけない!

この経験から私が学んだことは,
少なくとも私には未来を予想する能力がないということです。
過信が失敗の原因でした。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ