私が投資信託を始めた理由と感想

投資の話と言っても私がちょびっとやっている株式でも
あちこちでやたらと目につくFXでもなくて投資信託です。

あと社債も持っています。

持っているなんて言っても、両方とも始めたばかりで
とても私ごときは投資家と言えるレベルのものではないのですが、
なぜ投資をしようと思ったのかを最初にお話します。

 

さっくり言ってしまえばお給料が安いからです。
この安月給でコツコツ貯金するだけじゃたいして貯まらない、
貯まるどころか、物価の上昇にも追いつかない。

将来的には銀行に預けたお金は目減りしてしまい、
老後の生活はどうなってしまうかわからない。

 

そんな思いから、ただ黙って預金しているだけじゃ駄目だ、
少しでも積極的に殖やしていく手段を講じなければならないと
まず最初に、ネット証券会社の口座を開き、いろいろな投資関連サイトで
評判の良かった社債を買ってみました。

 

その後に投資信託を始めました。もちろんNISA口座を作った上でのことです。

投資で利益を確保する上で税金を減らすのは大切なことですから、
そこは初心者といえども抜かりなく。

 

 

確定拠出型年金にすることも考えたのですが、あれって毎年口座管理料がかかるんですよね。
それに定年にならないと引き出せないんじゃなかったけ?違ってたらすみません。

本当にど素人でよくわかってないんです。
投資しているファンドはどれもインデックスの信託報酬が安いものばかりです。

 

私は資金力がないのであまりリスクが取れません。
ローリターンローリスクで何十年かのちにはそこそこ儲かっていれば良いと思っています。」

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ